【新電力ニュース】東京電力、電力小売事業子会社「東京電力エナジーパートナー」に

東京電力は18日、2016年4月の持ち株会社化に伴い発足する電力小売り部門の事業子会社の名称を「東京電力エナジーパートナー」と発表した。

火力発電・資源開発事業、送配電事業の子会社はそれぞれ「東京電力フュエル&パワー」「東京電力パワーグリッド」とする。

電力とガスのセット販売など高付加価値のサービスの全国展開を目指す。

全面自由化後、国内最大の電力消費地である東電管内で、ほかの電力会社や新規参入企業との顧客争奪戦が激しくなる見込み。